各科紹介

放射線科

特色

当院は最新の放射線診断・治療機器・MRI4台(内1台は3T)、CT4台(内1台は256列)、PET3台(内2台はPETCT)、サイクロトロン、SPECT、リニアック、ガンマナイフ、血管造影装置4台(内1台は最新鋭の全身用3次元DSA)を有し、奈良県立医科大学放射線科と放射線治療・核医学科との密な連携により、精度の高い各種画像診断・IVRならびに核医学診断、放射線治療を行っています。

PETは他施設に先駆けて2002年8月から稼働、PETCT2台をフルに活用したPET癌検診や精検ならびにPETCTによる3次元放射線治療計画を行っています。

当院は日本放射線腫瘍学会認定協力施設で、放射線治療専門の技師4名、放射線医学物理士1名のもとに治療機器の精度管理を厳密に行い、すべての悪性腫瘍に対応したリニアックによる外部照射、肺癌に対する定位置放射線治療(SBRT)、前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT,VMAT)ならびに頭蓋内腫瘍に対してガンマナイフによる定位放射線治療(SRS)を行っています。

ガンマナイフは1993年8月に本邦でもいち早く導入し、2011年4月最新のガンマナイフ(パーフェクション)に更新しました。リニアックは2012年に高精度外部放射線治療装置(エレクタシナジー)に更新しました。エレクタシナジーは最新鋭の放射線治療装置であり、オールマイティの体外放射線治療が高い精度で可能です。
リニアック本体にコンビームCT(CBCT)が装着されており、動きを含めた4DのIGRT(画像誘導の放射線治療)により的確に腫瘍に照射ができます。また、2007年より骨転移疼痛緩和治療としてストロンチウム89による放射線同位元素内療法(メタストロン治療)を実施し、特に前立腺癌の骨転移に対して良好な緩和効果を得ています。

当科の治療方針

放射線治療は、総合画像(PET、CT、MRIなど)を利用した治療計画(IGRT)により、各種進行癌に対して各科専門医との連携により、EBMに基づいた手術ならびに化学療法併用の集学的治療を行います。さらに、手術不能の高齢者癌や各種進行癌、再発癌に対しては、QOLを重視した延命ならびに緩和医療を積極的に行います。

スタッフ紹介

氏名 役職 資格
吉村 均 主任部長 奈良県立医科大学臨床教授
日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本放射線腫瘍学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
PET核医学認定医
羽柴 光起 部長 日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会認定医
北野 悟 部長 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会放射線診断研修指導者認定
日本核医学会核医学専門医
PET核医学認定医
肺がんCT検診認定機構認定医師
マンモグラフィー読影認定医
坂本 雅彦 医長 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医
井上 和也 医員 日本医学放射線学会放射線治療専門医

診療実績

一覧にて掲載いたします。

受付時間・診察時間

受付時間午前:7時~12時 / 午後:15時~20時(火・金のみ 診察時間午前:9時~12時 / 夜診:18時~20時(火・金のみ)

※夜診は火曜日・金曜日のみとなります。

外来担当一覧へ

面会時間
13時~20時(日・祝も同様)

お問い合わせ

0743-65-0372

心臓・循環器・不整脈専用
0743-65-5552

アクセス

〒632-0006
奈良県天理市蔵之庄町470-8

高井病院

アクセスページへ

関連医療施設
香芝旭ヶ丘病院
天理市立 メディカル・センター

ページトップへ