低侵襲治療

低侵襲治療とは

最近の医療において、QOL(quality of life)という言葉が重要視されています。
手術治療においても出来る限り体に対する負担を減らした治療が主流となってきています。低侵襲治療とはなるべく体に傷をつけずに行う内視鏡やカテーテル治療です。腹部の疾患の場合は、口や肛門から内視鏡を挿入して行う治療と、おなかに直接小さな孔を開けて、そこから内視鏡(腹腔鏡)や手術器具を挿入して行う治療があり、また他の部位の疾患においてカテーテルを用いての治療等があります。
当院では内視鏡や腹腔鏡、胸腔鏡、カテーテルを使用した治療を行っております。 ここではその中から抜粋した治療についてご紹介いたします。

内視鏡

カテーテル治療

受付時間・診察時間

受付時間午前:7時~12時 / 午後:15時~20時(火・金のみ 診察時間午前:9時~12時 / 夜診:18時~20時(火・金のみ)

※夜診は火曜日・金曜日のみとなります。

外来担当一覧へ

面会時間
13時~20時(日・祝も同様)

お問い合わせ

0743-65-0372

心臓・循環器・不整脈専用
0743-65-5552

アクセス

〒632-0006
奈良県天理市蔵之庄町470-8

高井病院

アクセスページへ

関連医療施設
香芝旭ヶ丘病院
天理市立 メディカル・センター

ページトップへ